保険適用!医師と一緒に「禁煙治療」をはじめませんか?

※薬剤の出荷停止に伴い、現在受付をしておりません。

「タバコをやめたくてもやめられない」そんな風に悩んでいませんか?
喫煙が習慣化している人は、ニコチン依存症のため、なかなかやめられないのです。

でもタバコを吸い続けることは、がんや心筋梗塞など様々な病気のリスクをあげてしまいます。

ニコチン依存症は、治療ができます。
自分自身や、家族などあなたの周りの人のためにも、禁煙をはじめましょう。私たちがサポートします。

治療方法

保険適用による禁煙治療プログラムは、12週間で計5回の治療です。

禁煙治療の(基本的な)スケジュール

初回、2週間後、4週間後、8週間後、12週間後の計5回です。
スケジュール通りに通院し、診察を受け、禁煙を継続します。

診察内容

各診察では次のような治療を受けていきます。症状や気分、体調をお伺いし、禁煙状況に応じたサポートしていきます。

  • 医師によるアドバイス
  • 禁煙補助薬(チャンピックス)の処方

初回診察の流れ

  • 「禁煙開始日」を決定し、禁煙宣言
  • 禁煙経験の確認とアドバイス
    あなたの健康状態やこれまでの喫煙・禁煙歴をお医者さんと確認します。ニコチン切れ症状の対処法など、あなたに合ったアドバイスをもらうこともできます。
  • 禁煙補助薬の選択
    禁煙補助薬の特徴と使い方の説明を受けて、あなたに合った薬を選びます。当院では飲み薬(品名:チャンピックス)を主に使います。

チャンピックス(禁煙補助薬)について

チャンピックスは、禁煙のために飲む錠剤の飲み薬です。

チャンピックスの効果

  • ニコチン切れの症状が軽くなる
  • もしも禁煙中に一服をしてしまった時でも、タバコが「おいしい」という満足感を感じにくくなる

服用にあたっての注意

禁煙は、治療の有無に関わらず、気分が落ち込む、焦り・不安を感じるなど、様々な症状を伴うことが報告されています。(もともとこのような症状がある方は、その症状が強く出る場合もあります。)チャンピックスを服用中に上記のような症状が現れたら、服用は中止し、主治医に相談をしてください。

ニコチンを含む禁煙補助薬との併用はしないようご注意ください。

また、自動車の運転など、危険を伴う機械の操作はしないようにしてください。チャンピックスを服用した後に、めまい・眠気・意識障害などの症状が出て、自動車事故に至った例もあります。

服用前に主治医にお申し出いただきたい症状など
  • 以前に薬を服用して、かゆみ・発疹などのアレルギー症状があらわれたことがある
  • 他に現在服用中の薬がある
  • 精神疾患
  • 腎臓の病気
  • 妊娠中・授乳中
  • 未成年
副作用(※チャンピックスの副作用全てを記載したものではありません)
  • 頭痛
  • 上腹部痛
  • 吐き気
  • 便秘
  • お腹の張り
  • 普段と違う夢をみる
  • 不眠

なぜ煙草をやめられないのか

「タバコは体に悪い」ということは、皆、頭では分かっています。実際に、やめたいと思ってる人も多いでしょう。
最近では、タバコの値段が上がり、それに加えて全面禁煙の飲食店がほとんどです。家族がいれば家の中でも吸えない人がいるでしょうし、その上、禁煙場所での喫煙は30万円の罰金が課せられるケースもあるそうです。
喫煙者の肩身がどんどん狭くなってきていますね。

だけど「ダイエットするぞ!」とか「英語の勉強するぞ!」と同じで、思っていてもなかなか行動に移せない人がほとんど。
特に、禁煙に関しては尚更です。どうしてなのでしょうか。
それは、タバコに含まれるニコチンが非常に強力な依存物質であるため、喫煙者が1日でもタバコを吸うのをやめて、ニコチンが体に入ってこないと、強い離脱症状に見舞われることが原因なのです。

当院でのアンケート結果

当院で、初診の患者さんにアンケートを取りました。

禁煙治療に興味がありますか?
「はい」「いいえ」

「はい」の方(禁煙治療に興味がある人)に個別に聞いてみました。

A:「今から禁煙治療をスタートする」
B:「なんとなくタバコをやめたい」
どちらですか?

なんと、Aのすぐに禁煙治療をはじめたいのは「5%」で、なんとなくが「90%以上」!!

それは、やはり強い依存性が関係あります。

ニコチンの依存性と禁断症状

ニコチンはヘロインやコカインといった麻薬よりも依存性が強く、ヘロインやコカインと同等の禁断症状の強さが知られています。

禁煙成功への道

禁煙治療の導入期

では、「今から禁煙を始めるぞ!」ではなく、「なんとなくやめようかな」と思っている人にどのように接すれば、禁煙に結びつくでしょうか。
そのような人は、タバコをやめるメリットはなんとなくわかっています。
しかし、タバコを続けるメリットが強いため、あまり「タバコやめた方がいい、やめた方がいい」と言うと、逆に「俺は吸うんだ」という気持ちが強くなってしまいます。
そのような時期には「食事の後のタバコ美味しいんですね」○○と感じているんですね、否定も肯定もしない。
そして「もし辞めたくなって、禁煙治療に興味があったら、いつでも言ってくださいね」と伝えます。

行動変容期

しばらくすると、値段とか、好きな人ができたとか、何かのタイミングで本人の方から「よし、禁煙の話を聞いてみようかな」その時が来ます。
そんな時に言うのが、「タバコをやめるメリット」です。

禁煙するとこんなメリットがあります

日常のメリット
  • 食べ物をおいしく感じるようになり、食事が楽しみになった
  • 息切れせずに階段を上がれるようになった
  • 髪や服に臭いがつかなくなった
  • 家族や友人が喜んでくれ、子供にも臭いと思われない
  • 火の始末を心配しないですむようになった
  • 貯金ができた
  • 肌の調子がよくなった
  • 朝の寝起きが良くなり、目覚めがさわやかになった
  • 肩こりがなくなった
病気予防のメリット
  • 脳卒中が半分以上減る
  • 高血圧が4割減る
  • 不整脈が3割減る
将来のメリット
  • 3ヶ月で:3万6,000円のんびり温泉旅行
  • 半年で:7万2,000円 スーツを新調
  • 1年で:14万6,000円 大型家具を買い変え
  • 5年で:73万円 行きたかった海外旅行へ
  • 10年で:146万円 家をリフォーム

※1日1箱吸っている人なら(1箱400円で計算)

禁煙治療薬

これらに自ら魅力を感じ、「やってみようかな」と思えばあとは難しくありません。
禁煙治療薬「チャンピックス」を定期的に内服して、3ヶ月で5回通院した方の当院での禁煙成功率は8割以上。
しかし、先ほど述べたニコチンの依存性は恐ろしいもので、一度禁煙に成功しても、半年、1年すると、「1本くらいいいかな」から、「人からもらうだけならいいかな」に変わり、ついには自分で買うようになってしまいます。
チャンピックスは処方開始から1年経過すれば、再度処方できます。
これを2回、3回繰り返し、無理なく一生の禁煙に成功すればよい、くらいに気楽に考えた方が、我慢して爆発するより、長期的な禁煙につながるようです。

禁煙治療にかかる費用について

健康保険等を使った禁煙治療にかかる費用(自己負担分3割として)は、処方される薬にもよりますが約3ヶ月で19,000円前後です。
これは、1日あたりで換算すると約220円となり、11本分のタバコ代※に相当します。
※1箱400円とする

保険適用について

以下の条件をすべて満たす方が、保険適用で禁煙治療を受けることができます。お気軽にご相談ください。

  • 1日の喫煙本数×喫煙年数が、200以上の方(35歳以上の場合)
  • スクリーニングテストでニコチン依存症と診断された方
  • 禁煙治療を受けることを文書にて同意した方
  • ただちに禁煙することを希望している方

もし、うまく禁煙できなくても、必ず最後まで受診してくださいね。一緒に頑張りましょう。

Q:もし禁煙に失敗したら?
A:初回診察から1年を超えないと、健康保険等を使って再チャレンジは出来ません。

失敗しないよう最後まで通院しましょう!

| ペインクリニック|ビッグツリー練馬クリニック|練馬区大泉学園駅・保谷駅へもどる |