最近、帯状疱疹のワクチンがあることを知りました。いくつになったら受けたらいいですか。

帯状疱疹の予防として、50歳以上の方を対象としたワクチンがあります。50歳以上で帯状疱疹の発症率が上昇傾向にあり、80歳までに3人に1人が帯状疱疹を発症するといわれています。帯状疱疹は悪化してしまうと治療が長引いたり、痛みが長期間にわたって残る「帯状疱疹後神経痛」になることがありますので、予防が非常に大切です。

帯状疱疹とは

そもそも帯状疱疹とは、子供の頃に感染した水ぼうそうのウイルス(水痘ウイルス)が原因で発症します。ストレス・風邪などにより免疫が低下することで、体内に潜んでいる水痘ウイルスが帯状疱疹を引き起こします。日本人成人の90%以上は、水痘ウイルスが体内に潜伏しているといわれている為、どなたでも帯状疱疹を発症する可能性があります。

さらに、近年コロナ禍で帯状疱疹にかかる方が急増しているといわれています
理由としては、外出や外食が制限されて窮屈に感じたり、在宅ワークで勤務時間の管理がおざなりになり、仕事とプライベートがうまく分けられずに疲れがたまっていってしまったりなどストレスや疲れだと考えられます。
食事や運動など生活習慣を見直して免疫力を高めるとともに、ワクチンで発症を予防していくこともおすすめします。

ワクチンの効果

ワクチンは病気の原因となるウイルスや細菌などの病原体に対して免疫ができるシステムを活用しています。人の身体は、体内に入ってきた病原体と戦うための抗体をつくり、病気にかからないように戦います。また、同じ病原体が入ってきたときのために、抗体をすぐにつくれるように準備しておきます。このシステムを「免疫(抵抗力)」といいます。

ウイルスや細菌の毒性を弱めて病原性をできる限りなくしたり、無毒化したりなど安全な状態にした病原体がワクチンの原材料となります。それを事前に体内に入れることで、自然に感染する前に免疫をつくります。
免疫をつくることで、対象の病気にかかりにくくなる・症状が軽くてすむといった効果を得ることができます。

帯状疱疹を予防するには

・50歳になったら帯状疱疹ワクチンを接種しましょう

・食事や運動など生活習慣を改善し、免疫力を高めましょう

| よくあるご質問一覧へもどる |